より良いペット肖像画の為のワンポイント撮影ガイド

フラッシュは使わない!

フラッシュを使ってしまうと正面から光が当たってしまい立体感がなくなります。

立体感が乏しくなると存在感も薄くなってしまいます。

全身でなくても大丈夫!

お顔のアップなどでも大丈夫です。お気に入りのポーズでお描きします。

背景はなるべくシンプルなもので!

あまりカラフルな背景だと大切な動物たちが背景に沈んでしまいます。

新しくお写真を撮れない場合もご心配いりません。

最善を尽くさせていただきます 

​最後に、その画像をA4サイズでプリントアウトしてみてください。

仕上がりは必ずそのイメージになります。